やる気スイッチで勉強捗る~受験勉強を効率よくするには~

指導の仕方

積み上げられたノート

個別指導サービスを行っている学習塾では、ほぼすべての指導員を大学生のアルバイトが占めています。大学生になってアルバイトを始める人が大半を占めているので、社会に一歩踏み出したひよこが指導員として働いているのが現状です。受験経験を活かして子供たちに勉強を教えることができるので、大学生のアルバイトとしては学習塾は今も人気があります。個別指導であれば、生徒との距離が近いので程よい距離感と緊張感を保つことができるのも魅力です。個別指導の指導員として働く際には、身だしなみと発言に注意してください。生徒や保護者から見ると、大学生と言うことは関係なく先生として見ているので、お手本となる存在にならなければなりません。

個別指導で指導員として働き始めると、自分の偏差値や学力は大きな武器とはならないかもしれません。子供たちが理解をして楽しく学習することができ、成績を向上させることができなければ評価に繋がらないからです。 生徒一人一人の学習状況を見て、つまずいている箇所でアドバイスを行ってあげるお兄さんお姉さん的な存在でなければなりません。自分の知識や学力をひけらかしても、生徒の結果に反映されなければ良い指導者になることは不可能です。時には雑談を交えながら、生徒が興味を持つような、そしてわかりやすい説明を行ってあげることができなければ良い指導者ではありません。自分が経験した苦しみや理解したプロセスを思い出して子供たちに指導を行ってください。